生命保険について

住宅を買う時、生命保険の見直しは必須です

賃貸暮らしの時とは異なるリスクを背負うためです。

「でも住宅ローンには団体信用生命保険があるのでは?」と思うかもしれません。もちろんそうです。債務者が死亡すると団体信用生命保険で住宅ローンが免除になるものの、それだけでは残された遺族が家を維持するのは難しいのです。

また、多くの人が意識していない、住宅ローンを支払えなくなるリスクが存在します。

・大病をして長期間にわたって休職したとき

・メンタル疾患で仕事ができず失業したとき

・軽度の障害を負ったとき

・子供が大病し、親が退職を余儀なくされたとき

・債務者ではない配偶者が亡くなったとき

これらのリスクに対策が出来ている家庭はほとんどありません。

団信があるから安心、では絶対にないのです。

保険選びはコスパ重視で

高コスパのプランニング

生命保険の加入で最も大切なのは、保障内容と掛け金のコストパフォーマンスです。

必要なリスク対策をしつつ、掛け金が安いことが重要です。保険会社を比較すると驚くほど掛け金に差があることに気づきます。特定の保険会社一社だけで必要な保障を用意することはコスパが悪いのです。

当事務所では特定の保険会社に偏ることなく、ベストな保障の組み合わせを立案し、掛け金の削減を行います。

ドル建て保険や変額保険など、掛け金が高額な積立保険はライフプラン上のリスクとなりうるため、ご提案しません。老後資金の準備はつみたてNISAやiDeCoを優先するようにアドバイスしています。



生命保険だけのご相談も出来ます。

お気軽にご予約ください。